通信

モバイル情報navi

トランシーバーのレンタルの基本や業者の選び方

慎重に選びましょう

トランシーバーをレンタルするような時には、業者選びをきちんと行うことが大切になります。業者を選ぶような時には値段に注目しがちですが、あらゆることを考慮する必要があるのです。

業者を選ぶポイント・ベスト5

no.1

サポートが充実しているか

トランシーバーの使用方法について丁寧に解説してくれたり、もしものトラブルが発生してしまった場合であっても、すぐに対応してくれる業者は頼もしいものとなります。どのようなサポートを行ってくれるのかをよく確認しておきましょう。

no.2

価格が適正であるか

業者によってレンタル価格はまちまちとなりますが、レンタル価格は安ければ良いというものではありません。付属品やサポートの内容など総合的に判断し、適当であるのかを確認するようにしましょう。

no.3

臨機応変に対応してくれるか

トランシーバーをレンタルしたいような時は、使用する場所が具体的に決まったようなタイミングとなります。そのため緊急に必要となった場合であっても、きちんと対応してくれる業者を探しておくことが望ましいと言えるでしょう。

no.4

保証などを確認

トランシーバーを利用する時にはうっかり壊してしまったり、水に濡らしてしまうといったトラブルが発生するような事もあるでしょう。そのような時の保証についてよく確認しておく必要があります。故障してしまった場合、修理代を支払う事もあるため注意が必要なのです。

no.5

最適な機種を提案してくれるか

トランシーバーといっても、通信距離などによって種類が存在しているものです。使用目的に応じた最適なトランシーバーを提案してくれるかどうかということが大切となってきます。

レンタルの基本

複数の携帯

免許の必要性について

トランシーバーをレンタルするような場合には、免許などを取得しておくような必要は一般的にないと言えます。しかしトランシーバーの種類によっては免許が必要となってくるケースもあるため、事前に確認しておくと心配はないでしょう。

特定小電力トランシーバー

免許を取得する必要が無いトランシーバーとして挙げられるのが、特定小電力トランシーバーとなります。このトランシーバーは費用があまりかからないこともあり、気軽にレンタルすることができるものと言えるでしょう。

申請や免許が必要となるものとは

トランシーバーによっては申請や免許が必要となるものもあると紹介しましたが、申請が必要となるトランシーバーとしては簡易無線機が挙げられるでしょう。免許が必要とされる無線機としては業務用無線機があります。

通信できる距離を確認しておきましょう

トランシーバーには使用することが出来る距離に制限があるものです。したがってレンタルを行うような場合には、どこで使用するのかを明確にしておく必要があります。使用場所によって最適なトランシーバーを提案してもらえるでしょう。

トランシーバーの種類

トランシーバーは通信できる距離に応じて種類が異なってくるものです。例えば200m程度の距離で使用するのであれば、近距離用のトランシーバーを使用すると良いでしょう。1km以上離れた場所で通信を行いたいような場合には、広域用のタイプを使用する必要があります。